【西院からも近くて安いパーソナルジム】ダイエット、減量で大切な食事法のおすすめ

西大路にあるパーソナルジムGRITです。

ダイエットや減量をすることきにいろいろとポイントがあります。

今回の内容は「ダイエット、減量で大切な食事法のおすすめ」についてです。

 

結論から言いますと、「間食を細かく摂る」です。

いろいろな食事方法があります。

 

今流行りの低糖質ダイエットであったり、昔ながらの低カロリー(低脂質)ダイエットであったりします。

 

よく低糖質ダイエットは、糖質だけ気にすればいいと言われますが、実際体重が落ちるか正直、微妙です。

結局は、カロリーコントロールになるかと思います。

 

女性の方は食べないダイエットをしますが、こちらは一時的に落ちますが、その後体重の落ちは止まります。

食事は朝昼夕のほかに「細かく間食を摂る」のが良いかと思います。

食べないダイエットをすると、摂取カロリーが足りず、身体は

「このままでは、餓死する」

と思い、体温など身体の機能を低下させていわゆる「エコモード」に入ってしまいます。

こうなってしまうと、動いてもなかなか脂肪が燃えず、体重が維持をし続けます。

なので、食べながら体重を落としていくことが必要です。

 

カロリーコントロールをすると全体的なカロリーが少ないので、空腹時間が長くなり、筋肉も分解をしやすくなります。

筋肉が分解するということは、どんどん代謝が悪くなるってことなので、燃えにくい身体になっていきます。

筋肉が分解する理由として、エネルギーとして使うためなので、筋肉が分解すると脂肪が燃えにくくなるということです。

 

問題は「空腹時間」です。

「空腹時間」が長いと筋分解が起きやすいということは、当然短ければ良いのです。

そのためにも「細かく間食を摂る」ことが重要です。

私の場合は、だいたい一時間に1回間食をして摂るカロリー量は100~200カロリーです。

そうすると身体は常に食べ物が入ってきているので、筋肉の分解がしにくくなります。

1日の全体のカロリーは低いので、足りないエネルギーは脂肪を使おうとします。

間食は可能な限り、細かく摂れると良いかと思いますが、働いたりしていると限界がありますね。

「朝食、昼食、夕食」ではなく、

「朝食、間食、昼食、間食、間食、間食、間食、間食、間食、夕食」にすると良いです。

しかし少々注意点というか、問題点があります。

間食が多くなると、「空腹感」が強くなりこともあります。

常にお腹が空いている状態です。

何も食べない時間が長いと「空腹感」が無くなる経験をしたことがあるかと思います。

これは先ほど言った筋肉の分解が起きて、エネルギーが補充されたことからなる。

または身体がエコモードになった状態です。

細かく食べ続けることで、筋肉の分解が起きず、エネルギーがない状態ですが、食べ物が入ってくるので、身体が食べ物をもっと求めてしまいます。

なので、「空腹感」がずっと続いてしまいます。

「細かく間食を摂る」ことは、なかなか効果的なので一度試されても良いかと思います。
今回は「ダイエット、減量で大切な食事法のおすすめ」についてまとめましたが、参考になりましたでしょうか

いきなり完璧は難しいです、少しづつ意識を変えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です